FC2ブログ
 前回に引き続き廃村シリーズの一掃セール
今回は新十津川町の美沢集落跡を探ってみた。 こちらも明治時代に入植が始まり小学校も数年後に開設、最大で120戸ほどの暮らしがあったそうだ。 一度雨竜町に入り、町境となる幌加尾白利加川沿いの林道を進んでみた。

雨竜町美沢 (1)
... 続きを読む
スポンサーサイト
 最近は廃村や僻地探検ネタが多いので、この際まとめて一掃セール?、今回は旧穂別町(現むかわ)にあった長和集落の探検記
ちなみに「おさわ」と読みPC変換では「ながわ」で出た。人口は現在、登記上で2名となっている。
穂別ダムから道東自動車道「むかわ穂別IC」へ向かうと道路沿いに廃屋が点在、 見とれて直進してしまうと高速に入ってしまうので右側の細い道へ

新登川炭鉱 (2)



... 続きを読む
 平取町仁世宇地区の廃校探検も最終章、今回は教員住宅跡へと突入出来た。
ブッシュが濃く藪漕ぎが必要だが自身には冒険心をくすぐるシチュエーション、見つけた以上は攻略しなければ気が済まない、コンクリート製の壁は一部崩れかかっていて平屋建てだった様子、内部にも草木の侵入がに確認できる。

仁世宇廃村跡 (7)

... 続きを読む
 小中学校跡の廃墟を発見し、周辺をリサーチのあと突入してみた。
すぐ脇の更地は校庭兼グラウンドだったと思われ、駐車スペースとして利用できるようだ。 探訪したのは7月とあってブッシュが茂り、校舎内の廊下や教室にも侵入が激しい、

仁世宇廃村跡 (6)

... 続きを読む
 さらに続く廃村シリーズですが、今回は廃墟として残る小中学校跡を探索してきました。
平取町にある仁世宇地区は、かつてクロームの生産が盛んな日東鉱山が栄えた地区で多くの住宅や施設が立っていたそうだ。
現在は2世帯の住宅が残る過疎地区となており、跡地はニセウエコランドとしてキャンプ場やパークゴルフ場、森林散策などに再利用されている。
キャンプ場入口に立つ民家は現在集会所に、左側のカーテンが閉まっているのは商店跡と思われる。
仁世宇廃村跡 (18)


... 続きを読む