冬枯れ状態で更新が滞っております。
さて、北海道は言わずと知れた難読地名の宝庫、これは北海道の原住民であるアイヌ語に当て字をしたためをと言われてます。
すでに絶えたと言われるアイヌ語ですが、今でもしっかり生き残っております。
動物のラッコはアイヌ語がそのまま使われ、女性誌の「nonno」はアイヌ語で花を意味する。

ただ根っからの北海道人でも読めない?地名が多すぎる。
今回は、時間稼ぎか?ブログの更新稼ぎとなりそうですが、北海道内をほぼ探検してきた自身の知識から、いくつか探してみました。
北海道の旅のお供に覚えておくと便利かも知れません

生振1

... 続きを読む
スポンサーサイト
 今回は、たま~に登場する閑話休題ネタ、クノ界における弱肉強食の世界が撮れました。
クモは厳密には、節足動物に分類され昆虫ではないようです。
縄張り争いなのか?どうかは分かりませんが、にらみ合いがしばらく続いていたので、撮影してみると
*この後にはクモ同士の争う画像が出てきます、苦手な方はスル~でお願いします。

クモ争い (6)




... 続きを読む
 最近、占冠村のトマムリゾートや道東の津別峠が注目されている早朝の雲海ツアー、ただ空知にも穴場の雲海スポットがあります。
冬はスキー場として有名な神威岳(歌志内市)で、夏は頂上まで車道が整備され、市街地や周辺の山々が望める展望スポット、
麓の神威岳温泉でも、雲海情報をHPで随時更新しており、朝昼の気温差がある春と秋が狙い目らしい、

神威岳(歌志 (7)
... 続きを読む
 当ブログで、たまに登場する閑話休題、今回も、珍しい?面白い?看板など見つけました。 
まずは、夕張市で見つけた小学校跡の石碑、クイズ番組ではありませんが、おかしい箇所があります。
お分かりでしょうか?
 
夕張市清水沢」 (1)
... 続きを読む
まだまだ続く秘密の遠軽町丸瀬布、さらなる穴を求め武利風穴へと向かう
ここは、文字通り武利地区にあり沢沿いの林道を2k程進むようだが、探訪者は殆どいないようでブッシュが茂る廃道状態!!
なるほど、武利はムリとも読めるしねW   ならばと徒歩でアタックしてみた。

武利風穴 (2)



... 続きを読む