今回で最終章となる定山渓鉄道跡探検、遺構の残る小金湯温泉では日帰り入浴もできる。 料金も600~800円位で、露天風呂からの紅葉と渓谷沿いの散歩も楽しめる。 自身、温泉の誘惑には弱いのだ。
定山渓温泉にも個性的な宿が多く、ほぼ日帰り入浴OK、露天風呂の広さなら豊平峡温泉とグランドホテル瑞苑、子連れなら定山渓ビューホテル、落ち着ける小さい宿なら「ふるかわ」がお勧めだろうか、
最近は食べ過ぎがたたってるのか?胃腸の調子が弱り気味なので、ついつい温泉の効能が気になる秘境通のなべであった。

定山渓鉄道跡1 (5)

... 続きを読む
スポンサーサイト
 定山渓温泉からの廃線跡は意外に痕跡が残っており、林道としてまだ使えるレベル、百松橋付近では国道と接近して消滅しているようだ。百松橋を渡ると、岩崖の突き出た独特の山容が印象的な神威岳(983m)への登山口があるはずだが、老朽化のため渡れなくなっていた。

定山渓鉄道跡 (18)
... 続きを読む
 春の選抜甲子園も終わり、北海道にもやっと春が到来しているようです。
しかし大阪桐蔭は強かった。現時点の北海道勢とは次元が違う感じで、「北海道勢の全国制覇はしばらく無理だな」と感じた強さでした。
さて、今年の春は例年より暖かく雪解けも早い、そんな陽気に誘われて定山渓鉄道跡を辿る探検に行ってきました。
厳密には、昨秋に探検したものです。

定山渓鉄道跡 (30)
... 続きを読む
 新十津川駅からガーダー橋を越えると、鉄路跡は一面が畑に還っている。
最初の石狩橋本駅跡には民家が立ち並び、開拓関連の石碑が建っていて神社らしい祠もみえた。
神社の駐車場付近に駅舎があったはずだが痕跡は全くなく、付近の住民でも鉄路の歴史を知らないかもしれない

札沼線廃線跡DSC00745 (30)
... 続きを読む
 最近は秘境探検よりも遺構探検中心となっておりますが、今回は昭和47年に廃線となった札沼線跡を辿ってみた。
現在の札沼線は、札幌~新十津川を結び学園都市線とも呼ばれ、途中には秘境駅として売り出し中の豊ヶ岡や、駅名の長さ北海道一の「北海道医療大学」、また「あいの里教育大」や石狩太美、本中小屋、石狩金沢、月形、鶴沼など徒歩圏内に温泉施設がある駅も多く、個人的に札沼温線とも呼んでおります。

ただ、かつては新十津川から石狩沼田まで鉄路が延びていた歴史を知る人は少ない、昭和47年に廃線から45年、現在はどうなっているのか歴史散歩に出かけてみた。

札沼線廃線跡DSC00745 (17)
... 続きを読む