全国10地区の優勝チームが日本一を懸けて争う「明治神宮野球大会」、優勝地区には翌年の選抜甲子園が1枠増しとなり、秋の甲子園とも言われており、今大会は明徳義塾(四国地区)が優勝したため四国代表が1枠増となります。
北海道地区位代表の駒大苫小牧は、初戦で大阪桐蔭に2-4の接戦で敗退、守備の乱れが響いたようです。
早速内容を振り返ると

円山29秋 - コピー

... 続きを読む
スポンサーサイト
 今回は、秋の全道高校野球大会を制した駒大苫小牧の戦績と戦力分析編
各支部代表20校が出場した今大会、駒大はクジ運に恵まれ2回戦からの登場となった。
初戦は8-1で白樺学園に8回コールド、準々決勝の立命館慶祥戦は、序盤に先制し終盤に追い上げられるも5-3でを振り切った。
大きなヤマとなったのが準決勝の札幌日大戦

円山29秋 - コピー
... 続きを読む
 今回は、毎年恒例の高校野球の記事です。
来年のセンバツ甲子園を懸けた秋の全道大会で、駒大苫小牧が4年ぶり5度目の優勝を成し遂げ、甲子園出場をほぼ確定させた。
決勝では、旭川実業と互いに17安打を放つ打撃戦になりながら、ミスや四死球に乗じたソツのない攻めと、代名詞ともいえる走塁の巧さを発揮し、12-10で逃げ切った。
簡単に振り返ると

円山29秋 - コピー
... 続きを読む
 北海道勢、今年は初戦で散る。
夏の甲子園に出場した滝川西は仙台育英に3-15、昨年準優勝した北海は神戸国際付に4-5と敗退、甲子園で勝つ難しさを思い知らされました。

札幌円山春

... 続きを読む
 今回も恒例夏の甲子園、5日目(12日)第3試合に登場する北海高校は神戸国際付との対戦が決まりました。
果たして勝機はあるのか?
相手はセンバツ甲子園にも出場し、全国有数の激戦区でもある兵庫県を夏も勝ち抜いてきた強豪、前評判でも上位にランクされています。

旭川スタルヒン000
... 続きを読む