積丹半島の念仏トンネルをご存じだろうか?
神威岬へ向かう海岸沿いの旧道で、昔はこの道が唯一の連絡道だった。
現在、岬へは立派な探勝路が作られ観光名所になっている。また念仏トンネルも遠望でき看板もあるのだが、
      これは秘境ハンターが、かつて海岸沿いから攻めた探検記である。

*注* 記録と画像は10年程前のもので、現在このトンネルは立入禁止となっています。
積丹念仏トンネル1 (86)
積丹念仏トンネル1 (85)




余別地区にある食堂Uから岩場沿いを歩く、以前はこのUから神威岬へ山越えの探勝路が延びていたが今は完全に廃道になっている。
海岸はゴロゴロ石が多くたいそう歩きずらい、かといってうかつに草むらにエスケープするとマムシの餌食に・・・
ルート選択は慎重に行きたいところ
しばらく進むと、ムムッ洞窟のような穴を発見、だが、ここからが近くて遠かった。
念仏トン (1)

画像で分かるように周りは岩崖であり危険を伴う、侵食も進んでおり満潮時は接近不可能であろう。
ふだんでも波を被る所なので、タイミングを見計らって岩場を素早く(無理?)抜けることが重要、
タイミングを外せばずぶ濡れだ。
オマケに岩場はモロく崩れやすい、更にスベるは道は無いの三重苦、へばりつくようにして突破に成功
考えれば、帰りもここを突破しなければならないのだが、
そして、ついに接近追い詰めました。
念仏トン (2)

人工的な石組がありますね、今頃は更に浸食が進んでいるはず。
明るい場所より暗い場所が好きな?秘境ハンターはライトを持って決死の潜入です。
気分は川口浩か藤岡弘探険隊か?
念仏トン (3)

               つづく
                                          


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hikyoutaki.blog.fc2.com/tb.php/101-0d147587