最近は積丹半島の記事が多いのですが、まだ続く?

積丹半島の地形図を眺めていると色々な発見があります。滝をはじめとして、鉱山跡、旧道探険、温泉と実は秘境の宝庫なんですね
今回は、半島の西側ノット川上流にある滝マークを探険してみます。
ノット川 (1)




11月上旬の小春日和、窓岩付近の看板から入渓します。
ブッシュも少なく水量も落ち着いているので登山靴でアタック開始
ノット川 (2)
ノット川 (3)

ラッキーなことに、沢沿いに釣り人がつけた踏跡があり辿ることができました。
5分ほど進むと地形図通り右から沢が合流、本流にすぐ滝が見えました。
8段程あるでしょうか?いわゆる段瀑ですね。
ノット川 (4)

地形図では更に奥に滝マークがあるようなので、ちこっと探険してみましょう
段瀑を巻いて登ると!?ありました~
ノット川 (5)

斜面を滑るように流れる、滑走滝といわれるモノですね。
魚のウロコ状の流れが特徴的、この奥は踏跡もなく険しそうなので止めときました。



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hikyoutaki.blog.fc2.com/tb.php/104-fccf69ce