fc2ブログ
 さらに小樽市から旧道探検の続き、北海道難読地名の忍路(おしょろ)へと入る。
ちなみにこの道は日本で5番目に開通した国道5号線、石炭運搬のために作られた歴史がある。 画像の右側が旧道で左側の新道忍路トンネルが開通したのは平成30年、最近なのだ。

旧道小樽~余市 (12)
旧道小樽~余市 (16)
上記画像は忍路地区から旧道の眺め、ここは小樽市のハイライトとなる断崖、奇岩のシーサイドロードだったが、もう走られることは無い

忍路地区にある有名な秘境のパン屋(エダ、ヴィヴ)も新道開通で見つけやすくなったが、看板も小さく一見パン屋には見えないのでスル~する人も多いとか?、嗅覚が頼りになりそうだ。

国道は小樽市蘭島を経て余市町へ、この町は道の駅と鶴亀温泉、朝ドラにもなったニッカウヰスキー北海道工場、宇宙記念館など観光名所が多い誘惑ゾーン、柿崎商店、たけやなど海の幸が楽しめる店も多いので昼食休憩にどうぞ、人気があったラーメン屋「じょぐら」は廃業、移転したのか無くなっていた。 道草はこの辺で出足平峠(でたりびらとうげ)を越えて白岩地区へ、国道も229号線に変わる。

旧道余市~古平 (17)

旧道余市~古平 (19)

峠を下るとすぐに新ワッカケトンネルがあり、右側に白岩地区への旧道が残っている。
ここは平成22年まで現役だったが、チャリダー泣かせの極狭カーブルートとして知られ、新道開通が待たれていた場所だ。
かつての景勝地だった恵比寿岩と大黒岩は今でも健在、旧ワッカケトンネルはプレートも外され完全密閉されていた。

旧道余市~古平 (22)

旧道余市~古平 (25)

新ワッカケトンネルを抜けると潮見地区、右側にはカントリーサインにもなっているローソク岩が見えてきた。
ここからは断崖、奇岩ロードが連なる景勝地、シリパ・セタカムイラインのスタートなのだが、新トンネル開通によりその殆どが見られなくなってしまった。 旧道を何度か走った方も、随分トンネルが増えたな~と思われたはず、安全面を考えれば仕方がないのかも知れない

ローソク岩を見られるのはほんの一瞬で、すぐに新滝ノ間トンネルへと突入!!ではなく右側の旧道へと入る。

旧道余市~古平 (24)
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://hikyoutaki.blog.fc2.com/tb.php/1093-6117b4ab