かつて芦別市内の旭町にあった旭温泉、昭和の道路地図には記載があるかもしれない。
炭鉱の歴史とともに人々の記憶からも消えてしまった。
栄枯盛衰の温泉跡、今はどうなっているのか探訪してみた。
旭温泉 (3)
旭町付近をブラブラ走りA林道を進んでみると、朽ちかけた建物と看板跡を発見!?まだ施設が残っていた
感動ですね、看板が無いと分かりませんでした。
この雰囲気いいですね~昭和の香りがプンプン漂いますね~
旭温泉 (1)

宿にしてはこじんまりとした感じで、今は物置小屋になっている様子。
周辺は一面田園地帯で民家が2~3件点在しているのみ、懐かしい田舎の風景が残っています。
更に源泉も発見
旭温泉 (2)

小屋の下部から湧き出ているようで湯溜りとなりそのままオーバーフロー、ただ湧出量は少ないので手湯がいいとこでしょうか、硫黄臭のする冷泉のようです。
芦別市の炭鉱全盛期を、影ながら支えてきた存在だったのでしょう
今は知る人もいない探訪者もいない、いにしえの温泉跡でした。
芦別市の謎をまた一つ解明しました。

では芦別市の豆知識を少し、相棒(TV朝日)でおなじみ水谷豊さんも芦別市の出身です。
市内の道の駅「スタープラザ芦別」は、道内で2番目にオープンした道の駅です。(1番は三笠)

  





スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hikyoutaki.blog.fc2.com/tb.php/114-3d19b634