登山や温泉でいつもお世話になっている倶知安町に、かつての温泉跡があるらしく
しかも旧道の林道沿いにあるため、探訪者もなく荒れ放題になっているらしいのだ。
わずかな手掛かりをもとに倶知安町へ向かう、発見にはハイエナ的な嗅覚が必要になりそううだ。
倶知安♨跡 (1)
国道5号線から旧道へと入り、徒歩で林道を進んでみる、季節は雪の残る4月下旬で探しにはベストな時期なハズ
JR線が平行しており途中の倶知安トンネルは、鉄道好きにはシャッターポイントになりそうですな
しばらく進むと、臭う!?プンプンと臭う建物跡を発見、ここではないか? 秘湯ハンターの勘が冴える。
よく見ると温泉跡らしい看板を発見、間違いないここだ
倶知安♨跡 (2)
倶知安♨跡 (3)

「自噴天然炭酸泉」「満豪」と読めますね
某旧道探険本に載っていた看板と同じで、建物が取り壊された様子
雪解け水のぬかるみに苦労しながら探ってみると、パイプ管から赤褐色の冷泉らしきものが少量ですが湧いてました。
やはり残っていた温泉跡
倶知安♨跡 (4)
夏はブッシュに埋もれそうですね、忘れられた温泉跡はまだまだ道内にありそうですね
随時調査中で、そのうちシリーズ化するかも










スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hikyoutaki.blog.fc2.com/tb.php/116-ed346658