fc2ブログ
高校野球観戦のため間が空きすぎて忘れられてますが、大夕張炭鉱跡の探検をさらに継続、突入出来そうな坑道を発見し早速アタックしたいところだが、まずは周りの状況を少しリサーチしてみる。(これ大事)

三菱大夕張炭鉱初音 (12)




目に付いたのがレールの跡、これは対岸まで延びていたと考えるのが普通、錆と劣化が激しいが炭鉱跡の確かな生き証人だ。
付近には炭鉱当時の残骸が散乱、鉄くずに鉄板、ガラスの破片など建物があったのかも知れない、これらは夏になるとブッシュに埋もれる運命だ。 付近にはもう一つ抗口があったらしいが埋没したと思われる。

三菱大夕張炭鉱初音 (14)

楽しみは残しておくタイプの秘境通のなべ(笑)、いいいよ突入を敢行!!、坑道は閉山後に土砂やコンクリートなどで完全密閉するのだが、ここはやや手が抜かれたらしい?、こちらには大いにありがたいですな~、内部は意外に広く奥を照らしてみると、予想通り土砂で埋められていたが、光が差し込み奥に続いていそうな雰囲気だった。 別な入口があるのか?、諦めの悪い秘境通のなべは入口に戻り、さらにリサーチすると、何とブッシュに隠れていたもう一つの入口を発見!!、

三菱大夕張炭鉱初音 (10)

三菱大夕張炭鉱初音 (9)

三菱大夕張炭鉱初音 (20)

コンクリートに縁どられた入口は埋没していてかなり狭く、奈落の底へと誘うように内部は真っ暗だった。
探検家として、数々の秘境対決に打ち勝ってきた自身にとっては望むところ、気合を入れなおして突入~、
~更に最終章へとつづく~  引っ張りますな~(笑)
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://hikyoutaki.blog.fc2.com/tb.php/1241-7a547022