fc2ブログ
選抜高校野球も終わったので、また少しづつブログ更新、今回はむかわ町に残る謎の穴「オマンルパロ」を探検してみた。
得意の?地元住民からの聞き込みから豊城地区の展望台に説明看板があるとのこと、車道からだと法面が目印らしいのだが、これは知らないとスル~ですな(笑)、

豊城ガンケオマンルパロ (2)

車道からはこんな感じで洞窟跡が見えます。オマンルパロとはアイヌ語で「奥に入る道」の意味でこの洞窟では入った人は消えてしまうというという伝説も残っている。
豊城ガンケオマンルパロ (3)

豊城ガンケオマンルパロ (4)

約400年前にこの付近まで大津波が押し寄せ、集落や洞窟も流されたと記録が残り、オマンルパロは当時からの云わば生き残りで、その後は富内線開通や道路工事などで崩され、現在は僅かな痕跡が残っている。洞窟内までは高さがあり、幅も狭いので突入は諦めました(笑)、何気なく通過している道路沿いにも、こんな伝説の地が残っている。
帰りは時間が余ったので、同じ町内にある旧道の「ガッケトンネル」を見てきた。

豊城ガンケオマンルパロ (7)

豊城ガンケオマンルパロ (6)

カッケントンネル旧道 (2)
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://hikyoutaki.blog.fc2.com/tb.php/1282-6f171bbe