冬もやっと終わりですが、最後にオコタンペ湖の探険記をどうぞ
国道から湖まで約3kの道のりは冬期通行止なのでスノーシューの出番です、数年前にホーマックで購入したものでかなりの使い古し、今年で使い修めでしょうか
か鉱山氷 (1)
道道を歩き始めると、先客がいるようで迷う心配もなく楽に進めました。
辺りは静かなモノトーンの世界で何も聞こえません、
img481.jpg

白黒だけでも絵になる風景です。
人間にとってシンプルなのが一番落ち着くかもしれません
ひたすら辿ること1時間、40kの看板から湖上へ下りる踏跡を発見して難なく湖面に到着、
ここは踏跡が無いと分からないかもしれませんね。
向かいには漁岳連峰が霞んでみえます。
img482.jpg

湖面の中央辺りから振り返ると恵庭岳がみえました~、これが見たかったんです。
恵庭岳斜面はかつて、札幌五輪の滑降競技で使用され支笏湖に飛び込むようなコースだったそうです。
夏山でも登山道が整備されています。
しばし休憩のあと帰路につきました。

3月から、ひと足早い春の秘境?探検記紹介します。





スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hikyoutaki.blog.fc2.com/tb.php/130-7b834b94