札幌近郊の景勝地として知られる恵庭渓谷、駐車場も整備され5月の連休頃には「ラルマナイ滝」や「白扇の滝」を散策できる。
そんな場所に「滝の沢林道」の看板を発見!!何かありそうですね、滝ハンターのレーダーが反応します。
ちょっと探険してみましょう
滝の沢恵庭 (1)



このての名前がつく林道には、たいがい滝があります。(大小は別として)
地形図にも滝マークはありませんが果たして?
歩くこと約3k(35分位)で何やら水音が聞こえ、右手の崖を見ると
オォーっと滝じゃありませんかこれは!!間違いないですね
滝の沢恵庭 (3)

やはりありました。
早速崖下へ下りてみました。
滝の沢恵庭 (5)
滝の沢恵庭 (4)

落差約10mでけっこうな大物、黄金色に染まる崖から勇壮な落水を響かせています。
また青空と木々とのコントラストもよく合っています。
ここは夏はブッシュで隠れそうで、車からは見えません
春と晩秋が滝探検にはいいようですね

ここで自己流の楽しみ方を一つ
滝の正面に立ち目を閉じると、色々な水音があるのが分かります。
流れ落ちる音、滝つぼにぶつかる音、滝つぼから川となって流れる音と3つ位の音が楽しめるので
今度試してみると面白いかも
マイナスイオンもたっぷりで第六感が研ぎ澄まされそうです。
更に少し探ってみると面白い?新発見がありました。(ネット初登場かも)

~次回へつづく~
今迄の恵庭の記事はコチラ
バケの沢大滝
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hikyoutaki.blog.fc2.com/tb.php/146-17f5d17e