北海道でも有数のリゾート地ニセコには、数々の温泉も点在するいわば宝庫でもある。
そんな場所にこそ、時代に忘れられた温泉が残り、未だに人知れず湧いている秘湯が
あるもの
そんなニセコの温泉♨を探してみました。
ニセコアン別川の湯
ニセコの某温泉施設から脇道を進み坂を下りると、写真のような橋と川が見えてきた。
近づいてみると
ニセコアンベツ川湯

対岸には廃屋と温泉らしき湯煙がみえる、これは行くしかないでしょう
しかし、橋は渡ると壊れそうなほど老朽化している。
これはトラップ(ワナ)かもしれない!?!思い起こせば小樽の
オタモイ海岸では見事ワナにハマってしまった。
2度の失態は、怪湯ルパン返上にも成りかねない?
ここは持ち前の頭脳と行動力を駆使してクリアに成功した。怪湯ルパンに不可能はない
(単に慎重に渡っただけ)
ニセコアンベツ川の湯1

ここまでくれば温泉は袋のネズミ、さっそく探険してみると足湯に適当な源泉が湧いており
さっそく楽しませてもらった。
小屋の中からはモーター音が聞こえている、どうやらそばの温泉施設に利用されている様子
さらに奥には太いパイプが延び、源泉小屋へと続いている、せっかくなので探ってみた。
img519.jpg

隙間から小屋を覗くと、いわゆる汲上げ機がモーター音をたてて稼働中だった。
草刈りしているのを見ると管理はされているようで、廃屋はたぶん昔の宿跡と考えられる。
そうニセコにはこんな隠れた秘湯がけっこうあるのだ。
場所のヒントはニセコの「Kの森とN川のほとり」

*橋は昨年の状況なので、今年の大雪で壊れているかもしれません。
 あと春の時期は、ヘビが多いので注意されたい、ヘビも人間と同じ温かいところが好きなのだ。

ちなみにニセコ管内の倶知安町では、まだ2m位の雪山が街中の道路沿いに残っている。










スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hikyoutaki.blog.fc2.com/tb.php/160-8a925b3d