今回は以前特集した
北海道にあった名湯、迷湯、秘湯跡探険記
の続編シリーズ
渡島当別温泉跡



平成5年頃の道路地図を眺めていると、北斗市(旧上磯町)に「おしま当別♨」を発見!!
ただ現在の地図には記載はない、狙い目?秘湯探しは廃湯になった宿跡を探るのもコツのひとつ
道南に行った際ちょっと探険してみた。
渡島当別温泉2

写真の高架橋が目印のようですね、列車が頭のすぐ上を走るのはけっこう迫力があります。
くぐるとすぐに小川と廃屋を発見、少し探ってみますと
以前の宿名は当別館らしいですね、看板はしっかり残っています。
渡島当別温泉
渡島当別温泉0

裏の方はけっこう崩壊が進んでいる様子
こぼれ湯は発見できず  ~残念~、
おしま当別温泉跡は、民家が立ち並ぶすき間にひっそりと佇んでいました。

偶然通りかかった地元住民に聞くと、20年以上前に廃湯になったそうです。
こんな一軒宿は個人的に好きなんですが、今の時代はコレといった目玉がないと経営は難しいようですね。

「夏草や 秘湯の跡は 夢の跡」



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hikyoutaki.blog.fc2.com/tb.php/161-00849fc3