北海道にはかつて油田がいくつかあった。
今回は道央にあるマニアックな油田跡、厚真油田を探険してきました。
明治時代から開発され昭和40年頃まで産油されていたそうで、全盛時は山間部に100本以上の油井戸が立ち堀削が行われたそうです。
廃止後40数年、今はどうなっているのか?少し探険してみると
厚真 (6)


町内の宇隆地区から点在する民家を過ぎ林道を奥へと進むと!?
北海道ではおなじみ鹿除けフェンスの登場ですね、知らない人は通行止と思い引き返すかもしれません
セルフで開閉してさらに林道を山奥へと進みますよ~
厚真 (5)

しばらく進むと、怪しい色をした第一手掛かり発見、手に取ると少し石油臭がする!!さらに辿ると池状になっており今でも細々と湧いているようです。
厚真 (8)
厚真 (4)

この先の期待が出てきました、さらに前進してみると
広場のような荒地に到着、重機が置かれています。車を下りて探ってみました。
厚真 (3)

      色々発見がありましたが詳細は次回へ (引っ張りますな~)  

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hikyoutaki.blog.fc2.com/tb.php/175-54f78513