北海道内をあちこち旅していると、色々な宿泊施設やキャンプ場を利用します。
基本は車中泊やテント泊、時には戸付きのバス停や無人駅などでの野宿などですが
たまには温泉宿や民宿、ビジネスホテルやユースホステルなどにも投宿します。
今回は、お勧めの宿を紹介します。 屋根付き布団つきで電気も通り、ナント無料
ではどうぞ
北見相生駅 宿


ここはかつて国鉄の相生線終点駅だった相生駅で、現在は道の駅兼鉄道公園として整備されています。
そばに保管されている車両が昼間は休憩施設、夜は宿泊施設として開放されており誰でも
無料で利用できます。
中は畳が敷かれ10人位は寝られる、また嬉しいのは布団があること!!!
北見相生駅 宿 (2)

近所の要らなくなったのを集めたようで、いい布団ではありませんが自由に使えます(早いもの勝ち)
かけ布団や毛布もあり、いわゆる一つの列車宿ですな、しかも無料ですよ
すぐ向かいには民家もあるので安心でき、道の駅なのでトイレの心配もなく、阿寒湖温泉まで車で30分程
一人旅で利用しない手はありません、
2年ほど前の9月の連休に利用しましたが、利用者は僕を含め2人だけでした。
駅ノートもあり旅好きな方には知られている様子ですが、まだまだ無名な存在でしょう
このときは阿寒湖の観光協会で宿探しの予定でしたが、あっさり変更
秘境探険家は、無料とか半額という言葉には弱かった・・・・・

駅舎跡は現在バス停として利用されているので、ちょっと探ってみました。
北見相生駅2

駅名の看板はかなり年季が入っているようです。
中に入ると懐かしい!古いですな~この運賃表は?料金が漢数字
北見相生駅5

鉄道好きにはお勧めですね、
最近は不景気のあおりなのか、いわゆる無料宿やライダーハウスは減っているようで貴重な存在です。
ちなみに電気は夜10時に自動消灯で朝は6時位に自動で入る










スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hikyoutaki.blog.fc2.com/tb.php/178-b76c1ed6