道北にもかつて炭鉱は沢山ありました。
有名どころはさておき、今回は大和田炭鉱の紹介
大和田炭鉱とと聞いて、すぐに市町村がわかるあなたはかなりの炭鉱通といえます。
地名には自信のある?僕も分かりませんでした。
大和田駅
JR駅もあるので、まずは駅からスタート、
北海道には多い?列車の車両をリサイクルした待合室ですな
踏切にも炭鉱の名残がありますね、道路を挟んで向かいに坑口があるそうなので
探険してみます。
小和田駅1

住宅街にある神社を登ると、第一坑口発見?
当然ながら塞がっています。
すぐ先にズリ山もありました。

炭鉱跡の砦と云われるのが坑口とズリ山、炭鉱の歴史は坑口とズリ山が知っている?と言っても過言ではない
小和田炭鉱1
小和田炭鉱0

さらに坑口を発見したので、探ってみる。
付近は住宅街として整備され、民家の裏側に埋没しかかってます。
奥は行き止まりで埋まってました。
小和田炭鉱2

炭鉱好きな方しか行かないので、荒れるいっぽうなんでしょうね
建物跡は残っていないようです。
明治43年から採掘が始まり昭和34年まで操業したそうで、閉山後50年ひっそりと眠っています。
住宅街に眠る秘境といえますね

さて留萌市で、個人的にお勧めの場所とグルメなどもどうぞ
*黄金岬の夕日
*丘の上に建つ神居岩温泉
*蛇の目寿司の安価で旨い握り寿司
*留萌駅前の海栄ラーメン







スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hikyoutaki.blog.fc2.com/tb.php/183-46addb79