fc2ブログ
さて秘境通のナベですが、地上だけでは飽き足らず地底の世界も探険しています。
北海道では数が少ない巨大な洞窟へ今回はご案内、
これがホントの穴場?
Q洞 (16)中へ
  
都合により場所は内緒
今回、洞窟の探険踏破に挑んだのは男女8人の精鋭部隊
3度の飯より探険好きな、ツワモノ達ばかりです。
では前人未到と思われる神秘の巨大洞窟へアタック開始
Q洞 (20)初め奥
Q洞 (4)初め

洞内は暗黒の世界、足元には川が流れているようで、ヘッドライトと懐中電灯を頼りに進みます。
たぶん最深部のクライマックスは、暗い度MAX?(寒~いギャグも絶好調で突入)

上下左右に縦穴や横穴が迷路のように延び、単独では迷宮の世界に彷徨いかねない
その先は発見の連続!!藤岡 弘の探険記やインディージョーンズに匹敵する壮大な世界だった。
しばらく川沿いに歩くと、縦穴を発見
這いつくばるように登ると、そこにはコウモリが生息していた。
Q洞 (6)進む
Q洞 (19)

照らしても動かない!!
夢中でシャッターを押すが、コウモリからすればいい迷惑だったかもしれない。
さらに進むと、ウオォーッとなんと地底滝の発見である。
落差は約5mで水量もあり上下から撮影できた。神秘的な風景に
地上とは違う、異次元のような不思議な感覚に陥る
Q洞 (10)滝口使用
Q洞 (27)滝
Q洞 (22)

早くもサプライズの連続、撮影に夢中でなかなか進みません。
足場には鉱石のような光る岩や石も散見され、博物館に展示できそうなほど
ここはかつて鉱山の坑道だった場所で
手掘りの跡や支保工、さらにはスコップの跡が
Q洞 (35)スコ1
Q洞 (17)支保

泥と土にまみれながら、  さらに奥へ突入してみる。   






















スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://hikyoutaki.blog.fc2.com/tb.php/211-ecf94a19