前回よりつづき
道はさらに奥へと続き、ライトを消すと完全な暗闇で恐怖感も覚える。
横穴や縦穴などは殆どが、崩落などで行き止まり
ときどき陥没箇所もあり足元は要注意だ。
Q洞 (37)
また地獄の底まで続いていそうな深い縦穴もあり、誤って滑落すれば・・・・・
地底のロストワールドである。
Q洞 (12)奥止まり
Q洞 (7)横穴深い

しかし、これだけの洞窟が密閉されずよく残っていたものだ。
整備された鍾乳洞とは、全く違う
貴重な歴史の1ページに我々は足を踏み入れた。
坑道跡も少し探険しているが、今まででは最大規模であろう
最深部は予想通り?崩落で埋まっていた。
Q洞 (3)穴つつきQ洞 (2)

時間にして約2:30、かなり濃密な探険だった。
川口 浩や藤岡 弘探険隊の気持ちがよく分かります。
なお、ここはかなりの山奥にあり、夏は笹やブッシュが濃く道も無いので探険は不可能です。
ここだけに限らず、本州の富士山ではありませんが、無謀なアタックはご遠慮願います。(秘境探険はあくまで自己責任で)
Q洞 (25)












スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hikyoutaki.blog.fc2.com/tb.php/212-8610ec8e