炭鉱跡や建物遺構が好きな方にはおなじみの幌内炭鉱跡(三笠市)の発電所跡、
今回は偶然にも内部潜入の機会に恵まれました。
森の中に佇むレンガ造りの巨大な建物、当時ではかなりの資金が掛かったと思われます。
北海道のマラカニアン宮殿ともいえるでしょう、これもある意味、秘境探険といえますね
幌内炭鉱発 (17)

幌内炭鉱発 (30)

マスコミ取材や一般開放で年間に数日は開けられるようですが、今回は偶然にもTV取材があり便乗して見させて
頂きました。
さっそく潜入、内部は2階建てで一部は吹き抜け、様々な機器が並んでますね
幌内炭鉱発 (21)
幌内炭鉱発 (20)
幌内炭鉱発 (18)

用途はイマイチ分かりませんが、当時ではかなりハイテクな発電所だったと思われます。
ダルマストーブと黒電話もありますね、今は殆ど見かけません、懐かしいと感じた方は年齢がバレバレです。
幌内炭鉱発 (22)

歴史の足跡が聞こえてくる
なるほど、ここはミステリースポットならぬヒストリースポットですな
まさしく炭光名所? (暑いので冷やし系で・・・・)
さて2階へ上がってみると、ホォ~なるほど
幌内炭鉱発 (24)
幌内炭鉱発 (25)

一見、通信室のような感じで機器が並んでいます。
広い窓と吹き抜けが印象的、文字は古い?
幌内炭鉱発 (27)
幌内炭鉱発 (28)
幌内炭鉱発 (29)

幌内炭鉱発 (19)

今回はなかなか興味深い探険でした。
ふだん入れない場所に潜入できると得した気分になりますね。





スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hikyoutaki.blog.fc2.com/tb.php/228-5c301935