ここは10年以上前に、浦河町の観光パンフを見ていて発見した滝だ。
林道も延びているようで地形図にも「ソガベツの滝」とご丁寧に記載がある。
これは、秘境ハンターにとって「見に行きなさい!!」のサインである
もっと言えば、滝から挑戦状をもらったようなもの、ならば受けて立ちましょう

*なお現在は、車両通行不可能で途中に頑丈なゲートがあり、徒歩での探険(約8k)のみである。
 画像や記録は当時のもので、道路状況なども変わっているため
 探険については自己責任でお願いします。
ソガベツの滝 (3)



 
 7月上旬、今回のターゲットは浦河町の山奥にあるという「ソガベツの滝」
洒落ではないがサラブレッドロードと言われる、浦河町の裏側を暴いてやろうじゃないか
太平洋沿いに牧歌的な風景がつづく日高国道から西舎地区へとむかう、有名な優駿ビレッジ「AERU]の看板があった。
普通の人はここで曲がるが、僕は少し変わり者なので更に奥を目指す。
情報通りサケ・マスふ化場の看板から林道を進む
ソガベツの滝 (5)

ほどなくオロマップキャンプ場へと着いた。
ここも道内ではかなりマニアックで穴場的な存在と言える、簡易なトイレと炊事場があるのみで
開設期間は7~8月で基本的に無料で利用できる。
そばには日高幌別川が流れ、周囲は森林と秘境好きには抜群のロケーション?
ただ誰もいないキャンプ場で、1人キャンプはちと怖い

普通のアウトドア好きな方はここまでだが、かなり変わり者で奇行家な僕は更に林道を進む
今回は都合により写真が少なくてスイマセン
ソガベツ川沿いの林道は、かなり険しく淋しい(2~3年前はキャンプ場から2k程でゲートがあった)
ソガベツの滝 (6)

深い谷を見下ろしながら進むが、ハッと見上げると反対側には今にも崩れ落ちそうな岩が!!!
イヤッ、既に崩れている崖が・・・・車を降り石を退かしながら決死の走行、洒落にならない
なるほど危険だ、通行止めになるのも分かる気がする。
やがて、右手に目印となる赤い橋が見えた。
ソガベツの滝 (1)

車を降りると深山幽谷の地、いかにも何かありそう
野鳥がギャーギャーと叫び、激しい沢の流れが更に秘境度をアップさせる、もちろんヒグマ注意の看板もあり
このゾクゾク感が探険家には堪りません、ドンとこーい
さてトラップを交わし3k程進むと看板を発見!!! ついに追い詰めた?
ソガベツの滝 (2)

水音に導かれ崖を降りると、ついにその瞬間が
ソガベツの滝 (4)
ソガベツの滝 (3)

落差は約15m、2段瀑で激しく流れ落ちる。

やっと着いた。
当時は車で来れたので難易度と秘境度は低かったが、徒歩のみの今は探険者も殆どいなく秘境の滝と言える
写せるアングルが少なく、正面のみの画像です。
大岩の割れ目をカギ型に曲がる形は萌えますね~
位置的には日高山脈の麓、林道を探険すればまだまだ秘境の滝が見つかるハズ

ソガベツの滝があれば、ラガベツの滝もあるのだろうか?  (ありません)















スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hikyoutaki.blog.fc2.com/tb.php/244-b23352cf