今回は伊達市に残る伊達鉱山跡を探険してきました。
鉱山跡にはたいがい有毒な廃水が出るため、今でも委託会社が廃水中和処理を行っています。
そんな場所をチョッコと探索
伊達鉱山7


伊達市から気門別川を遡ると、看板を発見
ここからは社有地なので、許可を得て撮影しました。
伊達鉱山17

まず目につくのは沈殿池ですね、かなり広いプールのようです。
黄土色に染まり、独特な臭気も漂ってました。
伊達鉱山9
伊達鉱山1

脇では廃水を混ぜる機械が、唸りをたてて稼働中
廃水の通路に流しているようです。
伊達鉱山0
伊達鉱山2

物理学にはめっぽう弱いので、仕組みは分かりません!!
とりあえず目につくものは撮影します。
伊達鉱山3
伊達鉱山5

ちなみにこの伊達鉱山は昭和初期に鉱山の採掘が本格化し、昭和49年まで掘られていたそうです。
奥に進むとさらに、沈殿池のような池がありました。
坑道廃水の量は尋常ではないそうです。
炭鉱跡などでは、廃水を温泉施設として利用している街もあるようですが
鉱山はまた勝手が違うのでしょう
せっかく探険したので、林道の奥にある坑口も探してみました。
伊達鉱山8


             ~つづく~
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hikyoutaki.blog.fc2.com/tb.php/247-03320d23