大沼(七飯町)は、北海道内でも有数の観光名所で知られる。
そんな場所に似つかわしくない、フル登山装備をした男が降り立った。
今まで幾つもの秘境を攻略してきた秘境ハンター秘境通のなべの参上だ。
今回は大沼の奥地に眠る魔の鉱山跡を狙う
精進川鉱山 鉱口5

7月になるとポツポツと観光客も増えてくる大沼公園、以前は無料だった公共駐車場も今は410円かかる。
ここに来ると大沼ダンゴが食べたくなるのは僕だけではないハズ、
そんな甘い誘惑を蹴り精進川上流部へGO、横津岳スキー場を超え林道を突き進む
地形図に載ってない分岐した林道は文字通り山勘で進み、目印の大鳥居を通過
精進川鉱山1
精進川鉱山2

ここは駒見線の看板があった。
脇道につられて、チョッと入ってみると、何と硫黄臭のする廃水?を発見!!近いようだ
さらに進むと、笹やぶの向こうに草が生えてない鉱山跡がみえた
まさか?この背丈ほどの笹やぶを進むのか? いや結論からいうと巧妙なトラップだった。
精進川鉱山4カッ

少し進んでみたが杉ちゃん以上にワイルドすぎる!!! ワイルドだぜ~などと洒落にならん
このルートは違うだろう、もっと簡単に接近出来るハズ
僕と同じワナにハマったのか?紛らわしいピンクテープの跡もあり、
危うく笹やぶとダニ地獄のトラップに騙されそうだった。

車に戻り林道を更に進むと、駒見橋に登山道跡がありここが正解だった。
少し進むと、坑道発見~
右手には、茶色に染まる鉱山跡
精進川鉱山 鉱口3
精進川鉱山3

坑道の中はレールが残り、怪しい冷気が漂っている。
大沼奥にかつての夢の跡が眠っていた。
硫黄臭の冷泉が大量出水しており、水浴びも楽しめそうだ。
精進川鉱山 冷泉4

さらに右の崖には  
               ~つづく~











スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hikyoutaki.blog.fc2.com/tb.php/249-0372438d