ここは野湯探険家で有名な☆さんより情報を頂き探険してみた。
登山で有名な十勝岳連峰は活火山であり今でも噴煙を上げている、そんな場所は温泉も豊富に湧き
あちこち探すと秘湯も多い
情報通り林道へと入ってみる
川井♨ (2)O


ゲートがあり役所のの通行許可証をもらえば、カギ番号が分かり車両の通行もOkらしい(あくまで自己責任)
実家の町と同じパターンですな
今回はいろいろ試したが結局開かずに徒歩で向かうことになりました。
まあ30分も歩けば着くでしょう、最近痩せずらいので?いい運動です。
林道は幅もあり荒れた箇所もなく問題ナシ、セミ時雨の中どんどん進むと富良野川と合流地点に到着
川沿いを探すと・・・ありました~川井温泉の発見です。
川井♨ (6)O

川井♨ (4)O

色が赤くて目立つので分かりやすいですね、お決まりでさっそく手に取り味見してみます。
鉄分の匂いと味がする鉱泉で水より少しぬるい程度(20℃位)。
流れを辿ると林に池状になっている溜り場がありそこが源泉のようです。
昭和30年頃に堀削されたようですが、湧出量が少なく廃井になったとか

上流へと林道が続いているのでもう少し進んでみると!!?
なにやら、デカイ人工物が見えてきます。何じゃこりゃ
川井♨ (7)O
こんな山奥に似つかわしくない?

どうやら砂防ダムのようで、地形図でも大きな砂防ダムのマークがあります。
看板があり平成12年に造られたとか、幅は約200、高さも10mはありそうで圧倒されますね
川井♨ (8)O
川井♨ (13)O

しばらく眺めてましたが、肝心の川井温泉跡を探してみましょう
川も鉱分を含んでいるのか少し赤く染まっており、何かありそうですね
まず発見したのは、湯花らしい流れに染まったコンクリートの床、ヌルヌルしていて滑ります。
真水でないことは明らか、草むらから浸み出しているようで泉源はなく温泉かは不明?
川井♨ (10)O

さらに探すとありました、湧きだしは少量ですが間違いなく温泉でしょう
先ほどと同じ、赤い流れが地中から湧き出してます。
一つ目と同じ冷泉ですが、川井温泉跡で間違いない?
川井♨ (13O)
完全には沈んでいなかったようです。








スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hikyoutaki.blog.fc2.com/tb.php/254-03959085