秘境探険記ばかりだと飽きるので、久しぶりにグルメ記事なんぞ
ブログではあまり紹介していませんが、自称「グルメ探険家」でもあります。
ラーメンに限らず、そば、カレー、寿司、定食、焼き肉など食べ歩いていますが、
今回は、最近ブームの続くラーメン店の一考察と経験したエピソードなど    
ラーメン
 なお写真は本文とは関係ありません

思えば、蜂屋ラーメン」(旭川市)が自身の原点になっている。
出身地が近いこともあり、子供の頃よく親と食べにいった覚えがあり当時は一杯280円と安く、醤油が基本で味噌は無かった?(年代がバレバレですな)、当時は魚介スープやトンコツスープなどの意味は分からず「これがラーメン屋の普通の味なんだ」と納得していた、初めに旨いラーメンを食べたことで舌が肥えたのは幸運だったかもしれない 
そのせいか今でも、ラーメン屋に行った時は味噌ラーメンは絶対に食べない

月日が流れ自身もかなり食べ歩いたが、当時は今のようにネットや携帯はあまり普及していなく、ラーメン屋で食べるのは賭けに近かった。
店に入った瞬間!!!「ダメだこりゃ」と、いかりや長介バリに言いたくなる店もあった。
そんな店は予想通り外れ!!!
また最近は少ないが、「「いらっしゃい」の挨拶も無く無愛想な頑固オヤジのラーメン店で友人が体験した話は、
一人でラーメン屋に入り「醤油の大盛」と店主に頼んだが、無愛想な店主は反応がなく聞こえて無いのかな?と思いもう一度「醤油の大盛」と頼むと数分後に醤油の大盛が二人分出てきたなどと冗談のようなホントの話もあった
らーめん1
写真と本文は関係ありません

では長年食べ歩いた経験を基に、旨いラーメン屋の特徴や見分け方(あくまで個人の主観です)
①外見編
・のれんがキレイな店を選ぶべ
・看板が分かりやすく店内の様子がみえる店を選ぶ(状況によります)
・店前がキレイに清掃してある、店外に喫煙所がある。

外見はこの位でしょうか、のれんがくたびれた店はちょっと入りづらいですね、また店の前がキレイなのは客商売の気配りが出来ることで味も期待できます。
自身はタバコを吸わないので、店外に喫煙所があれば店内は禁煙なので安心できます。
タバコの臭いを嗅ぎながらラーメンは食べたくありませんからね

さて次回は、店内編とお気に入りのラーメン屋をいくつか紹介します。
興味のある方もう少しお付き合いください。





スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hikyoutaki.blog.fc2.com/tb.php/286-6c0a97da