かつて道北の西興部村には「氷のトンネル」と言われる観光名所があった、V字谷の崖に真夏でもトンネル状に雪が残る珍しい場所で夏休みなどは多くの賑いをみせたが、今は年に1回のみ見物可能となっていて道路地図からも名前が消えた。
しかし、そんな村に秘境の滝が3ヶ所も眠っている。 名付けて滝3兄弟
まずは、道路地図にも載っている行者の滝へ
西興部村滝 (7)




国道から北へと林道を4k程進むと広い駐車場に到着、この先は徒歩となるようです。
さっそく音が聞こえ少し探すと、落差約8mで末広がりの落水を発見
飛沫もよく弾けてます。
よ~く見ると上部に「しめ縄」のような物が見えますが
ここは名前の通り信仰の滝で、滝行が行われることもあるそうです。
縁起を担いで、お祈りしてから徒歩で更に奥へと進んでみると
西興部村滝 (1)

道が川へと消え、秘境らしくなってきましたね~
気合いを入れなおして目指すは「赤岩の滝」、約20分の道のりです。
看板があるということは? 少しは簡単に行けるハズ? 一人黙々と歩き始める。
携帯は既に圏外、ところで携帯の話題で某ソフ○○ンクに登場する犬はナゼ白いのかご存知でしょうか?
黒か黒系は喋れないのでダメなんですね。 黒い犬は黙ると書くので・・・・・
くだらない話をしている間に着きました~
西興部村滝 (2)

崖下に降りてみると、
西興部村滝 (3)

着きました~落差約10mの段瀑です。
滝壷からの岩が赤く染まり、由来となっているようです。
深山幽谷に響き渡る滝の音と姿は一つの芸術作品のよう
「絶対音感」の人は色々な音が楽しめそうですが、自身は「絶対鈍感」なので残念・・
見て楽しみましょう

しばし休憩の後「黒岩の滝」へと向かいます。
ヒグマの気配はないようで、また黙々と一人歩きで約20分!看板を発見
西興部村滝 (4)

崖下に降りてみる

西興部村滝 (5)

ついに3兄弟制覇、
ここは流れが分かれる分岐瀑となっていますね、落差約8mで水量も多くなかなかの存在感
この滝は整備されるまで、地元の人も音しか聞いたことが無いという秘境だったそうです。
奥が深い西興部村の探険でした。

最後に、氷のトンネル付近のはるか崖上に無名の大滝(ウエンシリの大滝?)を発見!!
いつか攻略したい
西興部村滝 (6)





















スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hikyoutaki.blog.fc2.com/tb.php/296-5c040ed5