今回も小ネタで
ここは北海道のとある場所、ブッシュが生え放題の廃屋に源泉が湧いているらしい
建物裏は崩壊しており、人気はまったくない
辺りを少し探索してみると
 大峯温泉跡1
画像はありませんが廃バスが1台ほったらかしになっていました。
さらにブッシュを漕ぐと、何か流れる水音がきこえた。
さっそく辿ってみると見つかりました。
大峯温泉跡2

これはかなりドバドバ状態に湧いてますね~
鉱物を含んでいるのか、黄土色に染まり湯船らしき鉄柵に注いでいる。
深さは60センチ程で、湯華や堆積物で埋まっていて手入れはされていないようだ。
廃湯から約20年経過しているそうだが、無尽蔵の温泉力とは素晴らしい
大峯温泉跡
地下から湧いているようだ。

その気になれば入浴もできそうですが、さすがに勇気はありません
ここは大峯温泉跡で別名新英温泉とも呼ばれていました。
近くに一軒宿の秘湯があるのですが、リニューアルしてから評判が?
さらに奥に鉱山跡とOS岳の登山口があるようです。
ヒグマ注意!!










スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hikyoutaki.blog.fc2.com/tb.php/353-a3039ec3