今回は戦時中に使用された軍事要塞を探険してきました。
道内には、函館市を中心に太平洋側により多く要塞跡が残っており(苫小牧、室蘭など)
敵から攻められたときに、海側の砦として造られたことが予想できますね。
コンクリート製で、敵陣への攻撃基地として造られた通称「トーチカ」と呼ばれるそうです。
今回は、苫小牧市の隣町にある「むかわ町」を探索してきました。

鵡川トーチカ 016 (1)
ちなみに、むかわ町は鵡川(むかわ)町と穂別町が合併して誕生した町です。
シシャモと高校野球の鵡川高校が全国区で、海と山の魅力が混在する風光明美な街

民有地の畑に、置き去りにされた様にポツンと建つ要塞跡を発見
得意の突入は、金網なのであきらめました。
覗き穴から常に偵察していたんでしょう
少し移動して、今度は期待できそうなトーチカが見えてきました。
小高い丘にそびえる城のようです。 遺構好きな方は「萌え~」な光景でしょうか
「空にそびえる~くろがねの城」とマジンガーZの唄を思い出しました(笑)
鵡川トーチカ 016 (2)

鵡川トーチカ 016 (3)

コンクリート製の隠れ家のような感じで、周囲の砂浜では抜群の存在感
立入禁止にはなっていないようで、自由に見られるようです。
子供時代なら秘密基地にして遊んだかもしれません
鵡川トーチカ 016 (4)
上にも登ってみた。

中に通じている煙突のような?、観測用に使用していたのかも?
外見を観察して内部へ突入と意気込みましたが、残念ながら崩れていてゴミ捨て場になってました。
不法投棄はやめましょう
鵡川トーチカ 016 (5)
鵡川トーチカ 016 (7)

夏にはブッシュに埋まりそうなので、春か秋がお勧めの時期


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hikyoutaki.blog.fc2.com/tb.php/398-0209f7b8