疲れも忘れラストスパート、ついに滝と対峙する。
社台滝11
甌穴の姿から、「悪魔の顔を持つ滝」と云われ見上げるほどの大滝だ。
落差100m級で、道内有数の落差を誇り、滝音は岩の唸り声にも聞こえてくる迫力。
白老町のシークレットゾーンここに陥落、ひたすら滝を眺めながら、しばし時間を忘れていた。
社台滝12

社台滝10
この姿になるまで何年かかったのだろう?幾度の火山噴火や地殻変動で成り立った歴史の1ページに、我々は足を
踏み入れたのだ。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hikyoutaki.blog.fc2.com/tb.php/45-22812cfd