前回よりつづき、積丹町の美国川本流を遡る
上流部は等高線も狭く険しい地形が続く、岩も大型化し渓谷の様相
しばらく進むと、前方に見えたのは?
美国川本流 (13)
美国川本流2 (5)●

まさしく無名の滝、落差は10m以上あろうか
人と比べると大きさが分かります。
地形図にも滝マークはない、おそらくネットでも初登場ではないだろうか?
ここまで来る人もなかなか居ない
美国川本流2 (4)●

自身も一人で来るのはムリだったと思う
崖に囲まれ、これ以上の本流遡行は無理なようだ。
魚止の滝ならぬ、人間止の滝?  ここまで3時間以上、距離にして3k以上の本流探険であった。
遺構は見つからなかったが、新滝を2ヶ所発見!!
北海道には、まだまだ知られていない滝は数多い
美国川本流2 (6)
美国川本流2 (8)●

帰路は疲労から往路以上に時間がかかり、やっとの思いで帰還しました~
最近は体力が落ちてるのか?、心肺機能は余裕ありですがヒザにきます。
まだ筋肉痛は当日と翌日にくるので、大丈夫かな~?









スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hikyoutaki.blog.fc2.com/tb.php/466-ea601ed3