以前に炭鉱、鉱山探険家ののんさんと合同探険した戸井鉱山の記録
旧戸井町から戸井川上流へと車を進め、通行止付近で下車
黄土色に染まる流れを辿ると
戸井鉱山跡2
道路から丸見えで坑口を発見!!
ここは春日坑口で、他の戸井鉱山探険ブログなどでも必ず見られる坑口
突入はできませんが、隙間から内部を撮影してみると、こんな感じ
戸井鉱山跡1

戸井鉱山 本坑①

支保工がキレイに残り、木の枠も精巧に作られているようです。
大正時代には採掘が始まり、昭和45年に廃業した記録が残る。
普通の観光探険だとここで終わりですが、二人とも普通でないので資料をもとにさらに坑口探し
ここには10ヶ所以上の坑口が眠っているそうですよ。
いくつ見つかるでしょうか?
まずは沢沿いに林道を進むと、あっ気なく沢沿いに加茂坑を発見
近づいてみると
戸井鉱山 鉱口1①

間違いない加茂坑、狭さと水溜まりで突入はできません
幸先よく調子にのって、さらに探険してみると
沢沿いに、これは三笠坑?、内部は塞がっているようです。
戸井鉱山 鉱口2①

戸井鉱山 鉱口

これだけ次々に見つかるのも珍しいかもしれない
たいがいは土砂崩れで埋まっていて、分からないケースが多いのだ。
沢の水量も枯れ気味になり、探険しやすくなってくる。
夏だとブッシュに苦労しそうだが、探険したのは11月上旬
カサカサと枯葉を踏みしめ、さらに奥地へ
戸井鉱山鉱口3①
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hikyoutaki.blog.fc2.com/tb.php/510-b8e3bd12