さて今年もいよいよ終わりですね、
1年経つのが早いと感じるのは年のせいでしょうか?
今年最後は、本職である滝探険記で締めましょう
画像は数年前のモノもありますので、状況が変わっている場合があります。
空知管内にある奈井江町、ここには知る人ぞ知る滝群が山中に眠っている。
奈井江町滝
奈井江川沿いにつづく奈井江林道をひたすら進む、かつて滝口炭坑が栄え数千人の暮らしがあったそうですが、
昭和40年代に閉山後は一気に過疎化が進み、今は廃屋がブッシュに埋もれ、炭鉱跡や建物は殆ど残ってない
唯一残るのが小学校の石碑、ここから林道は狭くなり、平日だとトラックの往来が激しいため
日曜日がお勧めです。
奈井江町

途中に不老の滝まで?kの看板はあり、道は間違いないようですが
けっこう荒廃気味で4駆系でないと苦しい箇所もあった。  年間でもあまり探訪者はいない様子
やがて「三段の滝」の錆びれた看板を発見も、踏跡が不鮮明!!、ヤブ漕ぎで沢にやっと出られた
音を頼りに沢沿いをさらに探索
奈井江町1滝

奈井江町 滝 (1)

滝への嗅覚と執念はスッポンなみの自身あり?
調べると一の滝と二の滝もあるようで、三段の滝までけっこう苦労
画像のとおり、三段に流れ落ち滝坪も満々と水を湛えている。
落差約6m、幅約15mほどで探訪者は少ないようだ。
林道はさらに荒れ気味で轍の間にブッシュが茂る。 以前は普通車でも何とか不老の滝まで辿りつけた。

廃屋?なのか営林署の休憩小屋らしきモノが見えてくるともうすぐ、
なんと辺りには滝が3ヶ所も点在し、滝好きには垂涎の場所だった。
年をまたいで来年へつづく




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hikyoutaki.blog.fc2.com/tb.php/522-6b21fe80