廃水処理施設を発見し近づいてみる。
見えたのは円形の貯水池?、脇と水上に制御室らしき施設があり、今にも唸りをあげてきそうなほど
保存状態がよい、探険家としては水上の橋を渡らなければ気が済まない
踏み越して転落すれば、漫画か罰ゲームの世界・・・・・笑えません
手稲 153 (23)

 
手稲 153 (26)

手稲 153 (25)

ちなみに周囲に道があるので1周できます。
ではいよいよ、メインである巨大な製錬所へと向かってみる。
性格上、楽しみは最後に残しておく人間なので、 
近づくと今までの探険でも1,2を争うほど大きく、見上げる高さは20m位はありそう
ブッシュで全容は見えないが、骨組だけが残る城郭か宮殿のよう、幅も100m近くあるのでは
無人の管理小屋があるが人気はない、こうなりゃ最上部まで上り詰めてやろうじゃないか

手稲 153 (36)

手稲 153 (29)

手稲 153 (27)
さすが東洋一

これを制覇すれば、東洋一の称号がもらえるかもしれない(自己満足の世界です)
内部は精巧に仕切られたコンjクリートの土台、2階部は平坦だがところどころに落とし穴があり、
鉱山跡によくあるトラップ、地面は赤土で鉱分を含んでいるようだ。
発掘現場のような寂寞とした風景が広がっており、当時の作業道具などが泥だらけで残っていた。

手稲 153 (32)

手稲 153 (35)

手稲 153 (30)
当時の英知を結集した、産業遺跡のひとつ
小休止の後、正面とサイド攻撃で頂上を目指す。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hikyoutaki.blog.fc2.com/tb.php/526-0fb3fc84