冬季探険休眠中のため、おなじみの小ネタシリーズ
今回は、以前に道南で見つけた迷湯、秘湯をこっそり紹介、最近はネットでも数件ヒットするようです。
まずは上ノ国町からどうぞ
img827.jpg

ここは、山間の湯の岱温泉近くに湧く源泉部です。
湯の岱温泉自体が道内有数の秘湯で、観光地とも無縁なので交通量も少なく
入浴は地元客が殆ど、秘湯好き(自身のような)がたまに来るくらい

湯上がりに散歩していると、橋の下に赤茶色の怪しい池を発見!!
しかもプクプクと底から湧いている?触ると温かい、間違いなく温泉です。
すぐ脇は犬の散歩コースになっており、橋からも丸見え、入浴は非常にあずましくない!?
泉温は30~35度くらい、足湯と手湯を楽しみました。

次は、厚沢部町の意養温泉
意養温泉

ここは、秘湯好きの間ではけっこう知られているようで、地形図にも♨マークがあります。
周囲は民家も少なく農家の方がたまに通る位で、泉温も適温なので打たせ湯を楽しめる。
ちなみに自身は、手湯と足湯と顔洗いで済ませました。  やはりあずましくないので・・・・・・  

最後は北斗市の湯の沢冷泉
湯の沢冷泉

画像は数年前のモノなので、現在はやや源泉漕が変わっているようです。
蛇口を捻る持ち帰り専用の温泉ですね、最近はホクレンの道路地図にもこっそり記載があります。
山間の林道沿いにあり周囲は鬱蒼とした森林、探険がてら探訪しても面白いでしょう
近くには、自身もお気に入りの「湯の沢水辺公園キャンプ場」があります。
ここはなんと無料のオートキャンプ場、もちろん水道も完備で市街地までは6kほどあり、
周囲は森と川、茂辺地川のせせらぎと虫の鳴き声で安眠確実、あずましいキャンプ場

さすが太っ腹の北海道、新幹線が来てもここは無料で残して欲しいですね





スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hikyoutaki.blog.fc2.com/tb.php/533-2685ce09