林道沿いに遺構を発見しさっそく近づいてみた。
どうやら貯水槽の跡らしくかなり深い、6~7m位あり落ちたら這いあがるのは不可能
丸腰やイタズラ半分では間違っても入らないで下さい。
頑丈なので炭鉱跡や鉱山跡ではよく見つかるシロモノだ。
小野炭鉱 (11)
小野炭鉱 (12)
水を流したパイプの跡

辺りの遺構はこの位のようで、さらに林道を進んでみた。
この先は陥没箇所が多く自動車でも走行不可能、やはり始めの看板に偽りなし
笹ヤブ地帯を注意しながら進むと、明らかに建物があった盛土を見つけた。
相撲の土俵のようだが、これは何かありそう!!
小野炭鉱 (2)

小野炭鉱 (3)

小野炭鉱 (4)

あった!!、コンクリート製の遺構、炭鉱施設跡で間違いない
何かを流したようだが、用途は不明で夏だとヤブに埋もれそう、苔の多さが年月の長さを物語る。
そばには、坑内の安全祈願なのか?ミニサイズの神社鳥居跡もあった。
小野炭鉱 (5)

小野炭鉱 (6)

坑口の類も残っているようだが、今回は探しきれずやや残念
小規模炭鉱なだけになかなか探すのは難しいようで、それなりの発見はあった探険だった。
場所はレースイスキー場の裏側で、林道を辿ればスキー場頂上の冷水山まで行け、山菜もチラホラ
夕張は、裏山が多いので豊富なようです。
ただ、行者ニンニクはかなり臭います・・・・。 食べた家は1歩入っただけで臭う、特にトイレは大○よりも臭い(自身の実家がそうでした)
山菜好きな方も程々に、今年は竹の子も早いそうです。



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hikyoutaki.blog.fc2.com/tb.php/596-a4d7b6cd