さて紆余曲折の末やっと坑道を発見!!さっそく調べてみる。
鉄板で塞がれており、叩くと鈍い音が響き、それほど分厚いシロモノではない
塞ぎ方にも甘さがあり、下部からちょっと撮影できそうだ。
下のは左側にあった坑道
遠幌炭鉱 (24)

 
普通はコンクリートが充填土で頑丈に埋められているのが多く、鉄板だけとは珍しい
単に予算が無かったのだろうか?
隙間から撮影した内部の様子もどうぞ、奥まで続いていそう
遠幌炭鉱 (25)
これは左側にあった坑道跡

遠幌炭鉱 (1)

試しに石を投げてみると、途中で止まる音がきこえた。
奥で埋められている様子で、突入は無理でした。
夏にはブッシュで埋まってしまいそうだが、そばには沢が流れていて、
場所的には探しやすいだろう
これで全貌かと帰ろうとしたのだが、上部が何か気になる!!?
怪しい、妖気がびんびん反応する。
試しに登ってみると、なんと車が走れそうな巨大な坑道が
遠幌炭鉱 (3)

遠幌炭鉱 (4)

付近はヌカルミが酷く、10mほど奥で充填土で埋められていた。
後から調べると、清水沢炭鉱とをつなぐ通洞坑だった。
よくみるとプレートの跡が上部に見える。
これが遠幌炭鉱の全貌らしい、閉山後すでに45年経ち人々の記憶からも忘れられつつある。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hikyoutaki.blog.fc2.com/tb.php/601-e87c4730