以前、岩見沢市をあちこち探険した時に、偶然見つけた炭鉱遺構と思しき遺構
ネットでもあまり情報は無いく、立入禁止にもなっていないので、
遺構好きな方は、ご参考にどうぞ(大規模なモノではありません)
幌向ダム抗 (2)
郊外の美流渡地区から幌向川ダムへ車を走らせると、道路沿いに坑口を発見!!
春先でしたが半分ほどブッシュで埋まってました。
さっそく調査してみると斜坑のようで、坑道は地中へと延びていて苔にかなり飲まれてます。
幌向ダム抗 (3)

幌向ダム抗 (4)

背丈ほどの笹ヤブとイタドリを掻き分けると、そばには埋められた竪坑?らしき坑口も発見
こちらは土に埋まり、凝視しないと分からないかも
奥の方に探険しようと思うも、ブッシュが酷くて諦めました。
幌向川ダム付近はキャンプ場が整備され、夏のシーズンはそこそこ賑わうようです。

奥へとつづく林道は、ゲートがされ車両通行止ですが入山届ボックスがあり徒歩はOKのようです。
入山届がある林道は経験上、道有林のケースが多いようですね
野鳥観察、山菜探し、セミ時雨、ダム撮影と楽しめそうなので少し散歩してみる。
30分ほど歩き、そろそろ引き返そうかと、ブッシュを凝視すると
幌向ダム抗 (5)

ムムッ、三角のあれはコンクリートの遺構?
近づいてみると!!、規則性のある並びで鉄筋もむき出し状態
これは、炭鉱遺構でしょう
幌向ダム抗 (1)

幌向ダム抗 (8)

幌向ダム抗 (9)

上は屋根の部分で、下部は埋まってますが、高さはかなりあったと思われます。
苔に彩られていますが、まだ歴史は浅い感じ、美流渡地区もかつては炭鉱で栄えました。
夕張や三笠に比べると地味な存在ですが、探すと色々みつかるようです。
道路向かいは、ズリ山なのか少し高くなってました。




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hikyoutaki.blog.fc2.com/tb.php/603-462de96c