さらに続くディープな支笏湖探険、三の沢とくれば二の沢も探険しなければ気が済みません
今度は支笏小橋から突入してみます。
この日は午前中からの探険疲れもあり、時間も無いので行ける所まで
入渓直後は、広い涸れ沢と砂防ダムを幾つか超えるルートのようです。
支笏湖二沢 (3)

周囲は鬱蒼とした原生林で、涼しくなりセミが鳴き止むと沈黙の世界が広がります。
怪しい野鳥やフクロウの鳴き声に敏感になりながら、とりあえず進んでみる。
地形的には三の沢と似た感じで、モロい浸食岩が迫る山道、これら全ての涸れ沢は樽前山と風不死岳に続いているそうです。
倒木と巨大な砂防ダムを巻いて進むこと約30分
支笏湖二沢 (5)

支笏湖二沢 (1)

支笏湖二沢 (4)

V字谷の崖崩れが見えてきました。
倒木と崖崩れが酷く、苦労しながら近づくとこんな感じ
支笏湖二沢 (7)

直登も考えましたが、崖もモロく高さもあり断念
ウロウロしてると、ケルンの積まれた付近に高巻きルートがありそうなので、少し突入しましたが
さほど変わらない涸れ沢がつづいてました。
時間切れで今回はここまで、二の沢とくれば一の沢も探険してきたので、近日中に公開予定?





スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hikyoutaki.blog.fc2.com/tb.php/618-6579abe1