さて今回は、新聞にも載ったJR無人駅廃止問題を考えてみた件
「月曜から夜ふかし」の題材にもなりそうなので(笑)、
あのキングオブ秘境駅と呼ばれる「小幌駅」と、鉄道で辿りつくのが日本一難しい上白滝駅が廃止になる。?
あの白滝駅シリーズも?
こちらは自身の、各駅記事なので参考にどうぞ
上白滝駅
小幌駅
上白滝駅ダイヤ (5)
先頃、JR北海道が経営合理化の為、いくつかの無人駅を廃止するとの発表があり、各町に通達されたのこと
あの日本一の秘境駅「小幌駅」と、上下1本しかない「上白滝駅」や「旧白滝」、「下白滝駅」なども無くなるとか、
そうなると、白滝駅シリーズと呼ばれた駅は、本家の「白滝駅」以外は全滅・・・・・・
小幌駅のある豊浦町は存続を希望しているようで、秘境好きの自身も日本一の返上は避けたいところですが
小幌駅

小幌駅は、奥深い山間の空間にあり、トンネルに挟まれているという独特の立地条件であり、車では絶対に辿りつけない、徒歩でも基本辿りつけない(昔の山道を進むと辿りつけるがブッシュや笹ヤブで廃道状態)、全国でも珍しい駅で、昭和30年代に、駅から30分ほど山道を下りた入江に数世帯の暮らしがあったそうです。
ブログの通り、周囲はうっそうとした森林と崖、JR関連の保線小屋が淋しく建っているのみ

経費の面から考えると非常に難しいのですが、せっかくの日本一の称号があるわけなので残して欲しいですね。
夏期の限定駅でも、少しは経費カットできると思うのは素人考えかも知れませんが
ここ目当てに、わざわざ運賃を払って来る秘境好きな方も多く、以前はネットでも殆どヒットしませんでしたが、探険者も増えた今はかなりの活況状態なので、それなりの収入には繋がっているハズ
我々は、行く末を見守るしかないようです。

上白滝駅も上下1本では苦渋の決断になりそうですが、日本一の??駅と呼ばれる場所が2ヶ所も姿を消すのは、観光の北海道としても淋しい限り
上白滝駅 看板(8)

何かと問題の多いJR北海道ですが、この2駅だけは残して欲しいのが秘境好きのホンネです。
過去にも、全国有数の秘境駅と呼ばれた「張碓駅」が廃止になってます。
張碓駅
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hikyoutaki.blog.fc2.com/tb.php/630-3b2e0417