前回、小樽市に残る防空壕を探しましたが、その繋がりで千歳市も探ってみました。
ここも戦時中に空襲を受けたようで、いくつもの防空壕や地下通路が作られたそうです。
なかでも、巨大な洞窟施設として有名だった桂木地区の地下壕跡は、斜面が完全に埋められたようで、今は知らないと場所が分かりません
色々しらべると蘭越地区に残っているようで、探してみた。
千歳市防空壕蘭越 (1)

まずは新興住宅街の片隅にある公園に蘭越小学校の石碑が残ってました。
この奥にあるようで、民家裏にある斜面を注意深く探す
夏だとブッシュに隠れそうですが、新雪のなかに板でうめられた怪しい箇所が
千歳市防空壕蘭越 (5)

千歳市防空壕蘭越 (4)

これは防空壕跡でしょう
民家のすぐ裏なので、強攻突破はできませんが、隙間から撮影してみた。
それほど広くはないようで、大人数人位といった感じ
千歳市防空壕蘭越 (3)

千歳市防空壕蘭越 (2)

今では付近の住民も、この存在を知らないのではないか
戦時中の千歳市内は、迷路のように地下通路が作られ、地下工場で軍事生産が行われていたとか
それらは特殊壕や掩体壕と呼ばれ、現在の千歳自衛隊基地内に遺構が残っているそうです。
ほかに、青葉公園にも埋もれた防空壕跡があるそうです。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hikyoutaki.blog.fc2.com/tb.php/684-6cde3158