今回は、ガイドブックには載っていないマニアックな滝を少し紹介しましょ
過去の記録が多いので、状況が変わっている場合ありですがご了承下さい
まずは仁木町にある「まつらの滝」、稲穂峠の麓にあり、かつて蝦夷地を探検した松浦武四郎の記年碑が目印ですが、
車道から滝は見えないため知る人は少ないようです。
まつらの滝
記年碑で下車すると滝音が心地よく響いてくるので、釣られるようにブッシュを分けると発見
立派な看板もありますが探訪者は少ない様子、やはり滝と記念碑だけでは観光名所には苦しい
自身のようなマニアックな人にはお勧めなので、逆転の発想で観光迷所の穴場として売り出すのも面白い?
ちなみにまつらは松浦から取ったそうです。
落差約10m、春先の若葉時期が岩場も見えるのでお勧め
img858.jpg

img859.jpg

つぎは鹿追町にある「洞門の滝」、こちらは鹿追自然ランド内にありますが、最奥にあるため探訪者は少ないようです。
洞門の滝

滝手前は深い池になっているので、撮影等は遠巻きからどうぞ
耳を澄ませると滝音が聞こえ五感で楽しめる滝、岩盤を縫うように流れる隠れ滝ともいえる。

最後は静内町にある「ネトナイの滝」、ここは静内ダムの少し先にありますが、現在は静内ダムから通行止めになっているかも
遠巻きの画像でも、かなり危険な状況が分かると思います。
ネトナイとはアイヌ語で「流木の集まる場所」の意味、 ネットに無いの意味ではありません
ネトナイの滝

img863.jpg

落差は約10m、 確かに流木は多いようでね
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hikyoutaki.blog.fc2.com/tb.php/692-e216dbd0