前回更新から中5日間開いてしまい、プロ野球投手のローテーションになってますが、今回は趣向を凝らして北海道3市(札幌、旭川、函館)の最高地点を調べてみました。
まず北海道の最高地点は、云わずと知れた旭岳(2291m)ですね(下記画像)、では札幌市の最高地点はどこか?
旭岳と姿見池
正解は、余市岳(1488m)です。
赤井川村との境界に鎮座しており、登山道も赤井川村のキロロリゾートから登るのが一般的なので、札幌市民でも意外と知られていなく、まっさきに名前が上がる手稲山は1023mしかありません。
間違ってもテレビ塔やJRタワーと答えないで下さい、札幌市内に20以上の山岳があります。
ピークはなだらかで春の雪解けも遅いので、市内平野部から連峰を見た時、多数の鉄塔が目印の手稲山の左側にある平らな白い山が余市岳です。

img864.jpg
余市岳ピーク

ここは10年以上前に登頂してますが、現在はキロロリゾート奥の林道が車両通行止めのため、登山者は時間に余裕をもってどうぞ、札幌の定山渓奥の白井川沿いからの登山道もあるようです。

次に旭川市で最高地点ですが、ここは非常にマニアックで市民でも殆ど知られていません
市内東にある21世紀の森から更に奥、クネクネトとした林道奥にある標高1248地点のピークが最高地点のようです。
仮に1248峰と呼んでおきましょう
ここは、全国版の道路地図だと標高も省略されているのが多く、登山道も無いようなので、夏は地形図を頼りに林道を進み、ヤブ漕ぎで目指す作戦しかないかも?、ただ噂では荒れた林道を進むと辿りつけるとの情報もあります。
間違っても旭山動物園の旭山と答えないで下さい、あそこは標高295mしかありません
また旭川市は、旭岳を中心とした大雪山連峰には含まれてません

最後に夜景で有名な函館市ですが、ここも意外と知られていないようで、市民の方がまっさきに浮かぶ函館山は334mしかなく不正解、道路地図を眺めてみると、市内北にある袴腰岳(1108m)が正解のようです。
新中野ダム奥から登山道が整備され、登山者には市内最高峰としてお馴染みのようで、七飯町を跨いで横津岳への縦走路も整備されています。

意外と知らない?、北海道の3市情報でした。 







スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hikyoutaki.blog.fc2.com/tb.php/697-f4867947