いわゆる秘境探険など続けていると、成功もありますが、もちろん失敗で辿りつけなかったことも数知れず
いい機会なので、失敗編の記録もどうぞ
道南の知る人ぞ知る秘湯、見市温泉(八雲町)から数キロ先にあると言われる大滝を探し、廃道化した林道へと突入した。
見市二股川林道0

すぐにゲートと駐車スペースがあり、熊よけ装備をして二股川沿いの林道を徒歩で進む。
小滝までは約2k、大滝は更に数キロ先、せめて小滝だけでも攻略したい
歩き始めからブッシュが茂り、ここ数年はほったらかし状態のようだが、かつては車両の通行があったと思われる橋が何ヶ所かある
年代を見てみると昭和40年代、かなり錆びている。
見市二股川林道3

欄干と地上からの雑草と樹木攻撃でかなり飲みこまれている状態
胸元まで伸びる笹やイタドリを交わし前進するも、道は荒廃が進み一部で崖崩れも発生、崖下には二股川が流れ、渓相も激しくなってきた。
さらに道は登山道並の幅しかなくなり、第一級の孤独と不安感・・・・・・どこまで進めるか
見市二股川林

見市二股川林道

道にはナゼか踏み跡が残るが、おそらく人間のモノではない、
ついつい早歩きになりながら進むこと約30分、樹林の奥から僅かな水音が聞こえた。
どうやら小滝に着いたようだ。 落差は見える部分だけで約4mほど
見市二股川林道4

ここからさらに数キロ進むことになるが、少し先で大規模な崖崩れに遭遇、この攻略はかなりキツイ
さらに追い打ちか、怪しい獣臭が漂い崖には点々と何かの足跡?
しばらく考えたが、今回はここで勇気ある撤退(ヘタレじゃありません)となりました。
帰路に変わった人工物をみつけたのでこちらの画像もどうぞ(何の施設かは不明です)
上から何かを流して、螺旋状に下に達するようです。
見市二股川林道5

見市二股川林道6




 
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hikyoutaki.blog.fc2.com/tb.php/700-7c53a324