さてさて、高校野球の北海道予選も終わったので、ブログの更新に戻りたいと思います。
近いうちに南北海道の代表校、北海高校のチーム紹介などもしていく予定です。
また北北海道代表ののクラーク国際ですが、自身も全くノーマークで、1試合もまともに観戦していませんでした。
情報も新聞等からコピーになりそうなので、大人の事情で今回は省略(数少ない高校野球ファンの方失礼)します。

では、いつもの探検記事に戻り、遠軽町丸瀬布地区に眠る大平風穴の探検へ誘います。

丸瀬大平ジオパーク (2)


今は無料高速道路が延び、旭川から一気に丸瀬布まで抜けてしまう方も多いと思われます。
大平風穴は、国道から外れた裏ルート「大平ジオパークロード」にあり、案内看板もあるようですが、山間に入るため観光客は少なく、、道の駅やSLの走る森林公園、山彦の滝のすっかり影に隠れているようです。
ネットでも情報が少ない文字通り穴場で、秘境通のなべ好みの場所と言えるでしょうか?

クネクネと展望の良いジオパークロードですが、これが絶景、絶景なんです。
思わず松山千春の歌が出てしまうのは北海道人の証か?「果てし~ない大空と、広い大地のその中で~」
地平線まで続く草原と牧草地帯、その奥には残雪の東大雪連峰、そこを見下ろすように延びる道路、美瑛の丘ロードを何倍にもアップした感じ、ここを通らずに丸瀬布を通過するのは大損したも同然、(回転ずしに行ってマグロを食べないのと同じ?)
画像はあえて載せないので、これからの観光シーズン是非みなさんも、大パノラマロードをお楽しみ下さい。
国道からだと駅逓跡の石碑から、森林公園奥からも道路が延びております。

丸瀬大平風穴 (2)

丸瀬大平風穴 (4)

さて肝心の大平風穴は、道路沿いにひっそりと看板がありました。
白滝ジオサイトの一つですが、町でもあまりプッシュはしていないようで観光パンフレットにも記載がない!!
学術保護の観点もあるようですが、珍しい場所なので鬼ヶ島同様、観光資源に使いたいですね
ここは、道路工事中に斜面を崩したら偶然発見されたそうで、数ヶ所から冷風が放出されています。 どこから風が来ているのかは調査中?、自然の神秘ですね
自身の感覚として、火山や連峰の麓に風穴が多いような感じがしますね、自身が探検した中では、羊蹄山の京極風穴、置戸町の春日風穴、温根湯の風穴など

丸瀬大平風穴 (5)

丸瀬大平風穴 (3)

看板が無ければ、間違いなくドライブスル~

丸瀬大平風穴 (1)

秘密の観光名所が多い、遠軽町丸瀬布地区ですが、まだ穴場があります。そちらも探検済なので、また近いうちに紹介します。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hikyoutaki.blog.fc2.com/tb.php/736-8604b05f