北海道の白老町は、道内有数の温泉地でありながら、となりの登別市に全国区の温泉郷があるため目立たない存在、ただ幹線道路沿いに虎杖浜温泉やポロト温泉などの日帰り入浴施設も多く、気軽に立ち寄れます。
温泉の湧出量は登別温泉も凌ぐと言われ、温泉付き分譲住宅も点在してます。
自身のお気に入りは、大露天風呂の「ホテルほくよう」や展望風呂の「ホテルいずみ」、ポロト温泉などですが、今回紹介するのは、萩野地区にある東萩野温泉、

白老萩野温泉 (2)

地元では知られているようで、散歩がてら立ち寄る方も多いとか
大きなタヌキの石像となんと足湯?の看板、東屋風の建物があり反射的にウインカーを上げていた。
国道沿いですが、なにぶん目立たないため、みなさんドライブスル~
場所的には、画像にヒントが隠されております。(見え見え)

白老萩野温泉 (1)

白老萩野温泉 (3)

18歳以上のみなさんは、たいがいお世話になっておりますね~
湯足亭の手作りの看板と神棚、温泉分析書もしっかり貼られてあり、正式名称は「東萩野温泉」だそうです。
10人ほどは入れそうな足湯が作られ、泉質は、ナトリウム・塩化物・炭酸水素塩泉で、白老町では一般的なモール泉、
ただひとつ、誤算が・・・これは入らなければと近づくと、お湯が張られていない?付近に人影もないし車も停まってない
えっ、臨時休業?、ふと考えてみると、そういえば来るときに祭りののぼりと神輿を担いだ集団に会った。
そうこの日は、町内のお祭りで温泉も休みだったようです。
何たる不運・・・、 宝くじには当たらないのに、年間2~3日の祭り日に当たるとは







スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hikyoutaki.blog.fc2.com/tb.php/766-99220473