山中奥深くに眠る上村炭鉱跡を探し、ついにそれらしいコンクリート群を見つけて接近、間違いなく炭鉱跡!!
廃鉱後40数年、奇跡的に残っていた。
小規模な選炭場跡が斜面沿いに残り、ひときわ放つ存在感!!、夏にはブッシュに埋もれてしまい気づかない


上村炭鉱(美唄 (13)
さっそく探ってみましょ
ずり落ちそうな急斜面に作られ、上に抗口があり採炭していたと思われる。
地面には軌道のレール跡、壁には頑丈なワイヤーとボルト跡がそのまま残っていて、ホッパーらしい跡も埋もれ気味、遺構の半分ほどは土砂で埋まっているようだ。
個人経営のため、狭い範囲に密集して作ったと見られる。

上村炭鉱(美唄 (15)

上村炭鉱(美唄 (17)

上村炭鉱(美唄 (16)
錆びた鉄板跡が、月日の長さを物語る

上村炭鉱(美唄 (20)

上村炭鉱(美唄 (19)

これらは土台跡と骨組みと思われ、上から流れ作業の処理で運ばれた様子、いろいろ想像するのも遺構探検の面白さ
鉄管パイプや鉄くずなどが散乱し、足元には要注意だ。
周囲も少し探索してみたが、目ぼしいものはここだけで壊れた橋脚跡があるくらい
下から見上げると2本のパイプ菅が飛び出ており、もしや抗口?、さらに急斜面を登ってみる。

上村炭鉱(美唄 (26)

上村炭鉱(美唄 (25)

笹薮を掻き分けパイプに到着、これは抗口のガス抜き用パイプが濃厚
ここが抗口だったと思われるが、完全に土砂で埋まっていた。
上村炭鉱跡は、秘密基地の様にひっそりと残ってました。  まだまだ知る人は少ないようです。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hikyoutaki.blog.fc2.com/tb.php/770-1131d1fb