しばらく更新が滞りましたが、5月は多くのネタを仕入れたので、そのうち紹介します。
まずは昨年から気になっていた三笠市の廃屋、民家の裏山にあり、夏はブッシュで確認も不可能なほど
昨年の10月中旬にアタックしたものの、背丈ほどに伸びる笹薮とブッシュに阻まれ断念した。
雪解けを待って、4月下旬に再アタック

三笠幌内炭鉱跡、旧道廃屋 (2)
4月の雪解け直後とはいえ、笹薮を海を踏み倒しながら前進には、けっこう体力を要する
笹藪歩きあるあるで、自分で踏んだ笹に足を取られたり、つまづきそうになりながらアプローチ、殆ど人は入っていないようだ。
沢沿いの丘の上にあるので浄水施設かもしれない、ちなみに、近くには風呂場跡があった。

三笠幌内炭鉱跡、旧道廃屋 (3)

格闘のすえ建物前に到着、内部には畳1枚分くらいの小部屋と作業場のような広場が2つ
屋根部分は苔で覆われ、年月の長さを窺がわせる。
配管パイプがむき出しで、落とし穴になっている箇所に注意して突入、10畳ほどの広さはあるだろうか、

三笠幌内炭鉱跡、旧道廃屋 (4)

三笠幌内炭鉱跡、旧道廃屋 (5)

ガラーンとした内部には、太いパイプ菅が垂れさがり、錆びついた機器類が眠っている。
周辺に建物などは無くここだけが取り残された状態、炭鉱跡でもよく見かけるパターンの廃屋だ。
炭鉱跡から離れているが、昭和の炭鉱全盛期に活躍した施設と思われる。
外には太いパイプ菅は残っており、裏は急斜面、内部と周辺も少しリサーチしてみる。
三笠幌内炭鉱跡、旧道廃屋 (1)
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hikyoutaki.blog.fc2.com/tb.php/804-8d28f3d8