名羽線跡のついでに、以前探訪した深名線跡の記録もどうぞ
こちらは、町内でも観光名所の一つとして整備されており、国道沿いに分りやすい看板が掲げてある。
雨竜川渓谷に残る緑のガーター橋が目印で、廃線後殆どが壊されたが、町で唯一残った廃鉄橋を後世に伝えている。

深名線跡ほか (11)
詳細は、説明看板をご覧ください(手抜き?)

深名線跡ほか (8)

深名線跡ほか (10)

この雨竜川橋梁は危険なため立入禁止。 (以前は渡れたが今は頑丈な柵がしてある)
 
ここからは並行して走る国道を北上し、深名線最大の遺構と言われる第一雨竜トンネル跡を目指す。
かつてポンコタン渓谷には、いくつもの橋梁が架けられていたそうだが、今は跡形もなく撤去されてしまった。
道路沿いには、観光名所のひとつである道の駅と幌加内温泉「ルオント」が整備され、かつての鉄路はレールも剥がされ路盤も分かりづらい

目印となる朱鞠内トンネルと共栄橋(確か?)跡付近で下車、古い地図を元にブッシュへ分け入ると共栄駅跡と第一雨竜トンネルがあるはずだが?
秘境探検で鍛えた探検眼と山感で辺りを見渡すと・・・・!!!ーあった~

深名線跡ほか (3)

深名線跡ほか (12)

黒くて巨大な遺構が、手ぐすね引いて誘っているようだ。
すでにブッシュが濃いなか、取り付かれたように接近
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hikyoutaki.blog.fc2.com/tb.php/829-69ab457e