今月の2日(土)と3日(日)に赤平で行われTANTAN祭りに出かけた記録
毎年秋に、赤平市のシンボルとも言える「住友石炭赤平炭鉱立坑櫓」前の広場で行われ、立坑内の無料公開や今年は浴場跡の公開が行われました。
普段は入れない場所に突入できるのも、ある意味秘境探検!!
夜間にはライトアップも行われ、大盛況だったようです。

赤平炭鉱浴場灯り (7)



車道からもひと際目立つ立坑櫓、この内部もモチロン探検してきたので近いうちに紹介
今回は、向かいにある浴場跡へ突入してみた。
夕方には、内部がキャンドルロードに施されカメラマンの方で大賑わい、そちらも近いうちに紹介
昼間はこんな感じでした。

赤平炭鉱浴場00 (4)

赤平炭鉱浴場 (9)

赤平炭鉱浴場00 (2)

この小さい浴場は女性用かもしれない
鉱員の浴場は3つあったようで、2ヶ所が公開されてました。
長方形の湯船に洗い場が並び、昔の銭湯のようなつくり、

赤平炭鉱浴場 (8)

赤平炭鉱浴場跡 (1)


赤平炭鉱浴場0

当時の状況が分かる面白い看板、こんな「板の間稼ぎ」は昔からいたんですね
かつては、地下歩道で立坑施設と繋がっていたが、連絡路は現在は埋められている。

赤平炭鉱浴場00 (3)

赤平炭鉱浴場00 (1)
錆びついた給湯設備、

内部はかなり広く、休憩施設も兼ねていたようだ。
今はガラ~ンとして、柱だけが並ぶ光景
炭鉱は、基本的に三交代制で24時間稼働、風呂場も常にラッシ湯状態だったようだ。
夕方にはキャンドルが灯され、幻想的な雰囲気、

赤平炭鉱浴場 (6)

赤平炭鉱浴場 (7)


赤平炭鉱浴場跡灯 (1)

             夜間編へとつづく
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hikyoutaki.blog.fc2.com/tb.php/836-56ac3fcb